• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

via vimeo

世界的なリバイバルブームとして注目を集めているチャンネルボトム。ミック・ファニングが昨年のJベイ(南アフリカ)イベントで使用して優勝したことが大きな要因の一つと言えますね。

見た目的なファッション性と機能性を兼ね備えているとあり、興味を持っているサーファーも多いことでしょう。

今回の動画は、ロストサーフボードによるチャンネルボトムの小波ハイパフォーマンスボード「V3 Stealth(V3ステルス)」に、コロヘ・アンディーノが初テストライドした映像をお届けします。


スポンサーリンク



一般的な小波ボードと言うと、短く厚めの幅広が定番ではないでしょうか。そうすると、スピードは出やすくなるものの、パフォーマンス性能を多少犠牲にしてしまいます。

しかし、V3ステルスは小波用ボードではありながら、通常のショートボードと同様のライディングが可能とのこと。

V3ステルスのベースは、人気モデルのV3ロケット。実際に乗ってみたコロヘの感想は「こんな楽しいボードは初めて」だそうです。

参考までに、コロヘは身長180センチ体重75キロで、使用したボードサイズは「5’8” x 19 1/4”」の27.5リッター。

以前にもロストの4チャンネルボトムのボードを紹介していて、そのボードはサイズのあるソリッドウェイブ用モデルでした。

メイソン・ホーが乗るロストの4チャンネル入りモデル「Trouble Shooter」

今回はチャンネルボトムの小波用ボードということなので、今後もチャンネルボトム人気が高まっていく傾向にあると感じます。

サーフボードの関連記事
  • ツアーイベントにおけるタジ・バロウのサーフボード事情
  • 限定一本の世界初となる純金サーフボード「The Aureus」
  • メイソン・ホーが乗るロストの4チャンネル入りモデル「Trouble Shooter」
  • シェイプシフターによりサーフボードのテール形状に革命が起きるのか!?
  • ついに誕生か!?ポール・フィッシャーのニューコンセプトボード第二世代
  • スーパーブランドによる最新ボードモデルのモダンフィッシュ「Siamese Twin」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事