• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

五十嵐カノアといったクイックシルバーのコンテストサーファーの舞台裏までをフィーチャーする恒例のスネークテールズ。

現在、コンテストサーファーが集まっているのは南半球のオーストラリア。WQSイベントが立て続けに開催され、ワールドツアー初戦も開催間近となっているためです。

今回の動画は、オーストラリアのニューカッスルで開催されたQS6,000イベントのサーフェスト開催時のスネークテールズをお届けします。


スポンサーリンク



今回出演しているのは、五十嵐カノア、イズキール”ジーク”ラウ、レオナルド・フィオラヴァンティ、マーク・ラコマレ、ラムジ・ボウキアム、グリフィン・コラピントの6名。

カノア、ジーク、レオの半分はWCTサーファー。しかし、シーズン終わりにWCTランクでトップ22入りできなければツアー落ちとなるため、WQSでポイントを稼ぐことはWCTサーファーも必須とあり出場しています。

各サーファーのサーフェストでの結果は以下の通り。

五十嵐カノア:49位
イズキール・ラウ:9位
レオナルド・フィオラヴァンティ:5位
マーク・ラコマレ:17位
ラムジ・ボウキアム:73位
グリフィン・コラピント:37位

全体的には好成績とは言えないものの、長い長いシーズンはまだ始まったばかり。舞台裏では、ツアールーキーのレオが絶好調ではっちゃけてます(笑)。

*今季スネークテールズの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

今年もスネークテールズがスタート!2017年トレーニングキャンプ@ゴールドコースト

  • レイアード・ハミルトンが水中翼を装着したSUPで空中ライディング
  • マイケル・ホー&マーク・ヒーリーの2in1バレル@パイプライン
  • ギネス記録となった世界最多回数のターンが可能なロングウェイブ
  • ジェットスキーを必要としないドローンに牽引してもらうドローンサーフィン
  • タンデムサーフィン サーフィンドッグ
    二匹のワンコと一緒にSUPでタンデムライディング@オーストラリア
  • ジョシュ・エンスリン ギネス世界記録
    30時間の最長サーフセッション!南アフリカのサーファーがギネス記録に挑戦

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
エンターテイメント
7マイルの奇跡と称されるオアフ島ノースショアには、玄関口であるハレイワに始まり、ワイメア、サンセット、パイプライン、バックドアなど、数多くの...
エンターテイメント
オアフ島のサンディビーチでマスコット的人気を誇るブタのサーファー「カマ」。犬が波に乗ったりするのは、コンテストが開かれるくらい有名になってい...