オーストラリア東海岸出身でビラボンライダーのダコダ・ウォルターズ「Dakoda Walters」(18歳)。

メジャーブランドがスポンサーの若手サーファーということで、ゴールドコースト出身かと思いきやアンゴーリーがホームと言う点が異色と言えます。

と言うのも、田舎出身であるとどんなに才能があっても、発掘されることなく埋もれてしまう可能性が高いためです。

今回の動画は、ダコダ・ウォルターズによるロックダウン中のホーム周辺でのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


コンテストサーファーとして、今年2020年は大いなる飛躍の年になるはずであったダコダ。

昨年2019年のダコダは、オーストラリア/オセアニアのジュニア部門においてランキングトップを獲得。

ジュニア部門を卒業し、本格的にQSイベントに参戦し始めた今年のオープニングイベントとなったカーヴプロではQSイベント初優勝を飾っています。

キャンセルとなったゴールドコーストでのCT初戦は、ワイルドカード出場を決めるトライアルイベントに出場予定でした。

また、CTイベントと同時開催となるエアショーのレッドブルエアボーンへの出場権を得ていました。

まさにダコダがサーフシーンで名前を売るための舞台は揃っていたのですが、残念なことに全てが水に流れてしまうことに。

ですが、実力があるサーファーならば、必ず再びチャンスを手繰り寄せて這い上がってくるはずなので、今後に注目のサーファーです。

最後に、今回の動画はスナプト4のために撮影したものの、未使用となったBグレード映像だそうです。

ダコダ・ウォルターズの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事