via vimeo

ディオン・アジアス、ライ・クレイク、クレイ・マルゾといったフリーサーファーなどが共同創業者として名前を連ねていることで知られるサーフボードブランド「スーパーブランド(SUPERbrand)」。

そのスーパーブランドから、小波向けモダンツインフィンモデルとしてリリースされたのが「Siamese Twin(サイアミーズツイン)」。

今回の動画は、ライ・クレイクとブレットー・バーリーが最新ボードモデルのサイアミーズツインをテストライドする映像をお届けします。


スポンサーリンク


ツインフィンと言えば、、一昔前であればレトロツインが多かったと思います。その理由としては、サイモン・アンダーソンがスラスターを広める以前、ツインフィンがスタンダードであったためです。

しかし、ここ数年ではツインフィンの特徴と現代の最新シェイプデザインを融合させたいわゆるハイブリッドモデルとも言える扱いやすいモダンツインが増えています。

ツインフィンの大きなメリットは、スラスター(3フィン)と比べるとセンターフィンがないので、水中でのドラッグ(drag)が減り、スピードが出やすくなります。

一方、デメリットとしてはセンターフィンがないことからコントロール性能はスラスターよりも劣ります。なのですが、少しルースになる点が逆に好まれる傾向もあるので、必ずしもデメリットとは言い切れません。

さて、今回のサイアミーズツインも現在の流れを汲み、オールドスクールとモダンパフォーマンスの良いとこ取りとのこと。スピード重視のサーファーに最適で、波の対象サイズは膝~頭サイズだそうです。

*ライ・クレイクのテストライド動画

*ブレット・バーリーのテストライド動画

*ライ・クレイクとブレット・バーリーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事