「サーフィンの神」と呼ばれるケリー・スレーターによるサーフボードブランド「Slater Designs(スレーターデザインズ)」。

スレーターデザインズはトモこと、ダニエル・トムソンによるモデルが多いのですが、ケリーが新たにハマったシェイパーがダン・マン。

そしてダンによるデザイン「FRK」がリリースされたことは記憶に新しいですね。

今回の動画は、スレーターデザインズから新たにリリースされたダン・マンによるモデル「NO Brainer(ノーブレイナー)」をダン本人が紹介する映像をお届けします。


スポンサーリンク


FRKのリリースに続き、再びダンにシェイプを依頼してスレーターデザインズのモデル化された状況を見ると、いかにケリーがダンのシェイプを気に入ったのか分かりますね。

過去にはダンにシェイプを依頼しながら、仕上がったボードを2年も放置していたにもかかわらず(笑)。

前回のFRKは、ケリーがワールドツアーでも使用するパフォーマンス系オールラウンドモデルでした。

そして今回のモデルであるノーブレイナーは、ケリーのホームであるフロリダでのパワーレスな小波用ボードとのこと。

日本のみならず、世界的に見てもアベレージコンディションとなるのは小波なので、まさに日常使いには最適なモデルではないでしょうか。

ですが、コンペティターであるケリーが携わっているということで、単なるファンな小波用ではなく、パフォーマンス性能も抜群とのこと。

ちなみに、「No Brainer」とは「考えるまでもない」という意味なので、誰でも「Brain(脳)」を使わずして乗れるほどユーザーフレンドリーといった意味でしょう。

最後に、シェイパーのダンが実際にサーフランチでテストライドしている映像が動画には含まれていて、何か違和感を感じる方もいるはず。

そう、ダンが波に乗るとライトもレフトもフロントサイドなのです。その理由は、ダンがスイッチスタンスで乗っているため。シェイパーとしてだけでなく、サーファーとしても興味深いですね。

-----

スレーターデザインズの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事