• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

via vimeo

ここ最近、続々と動画が公開されている2017年シーズン前半のインドネシアにおけるフリーサーフィン動画。

これまでにニアスやロンボク島デザートポイントでの動画を、当ブログでも紹介してきました。

今回の動画は、インドネシアが誇るワールドクラスなサーフスポットの宝庫であるメンタワイ諸島における2017年シーズン前半のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



今回の動画の主役は、ビジネスマンでありプロサーファーでもあるブラジル出身のイカロ・ロンチ(Icaro Ronchi)。

イカロはスマトラ島沖合に位置するメンタワイ諸島などへのボートトリップを専門としたサーフチャーター会社「Sibon Charters」のオーナー。

同社についてチェックして見ると、チャーターボートは「Sibon Baru」と「Sibon Jaya」の2種類あります。お手頃価格なのは「Sibon Baru」で、スケジュールはいずれも11泊12日。

料金は4月10日~10月末までのハイシーズン、11月頭~4月9日のローシーズンに分けられ、ハイシーズンは3,200ドル(約35万)、ローシーズンは2,800ドル(約31万)。

上記料金にはパダン空港からボートまでの移動費、トリップ中の全食事とソフトドリンク、ゲスト1名につきビール1カートン(24本)など含まれているとのこと。

ちなみに、予約状況をチェックすると、ハイシーズンの予約はほぼ埋まっているという盛況ぶりです。

さて、ビジネスマンとして上手くやっているイカロはプロサーファーでもあり、オニールのステッカーが貼られています。つい先日、オニールとの契約を終えたばかりとSNSで投稿していましたが。

ということで、サーフィンもメチャクチャ上手く、グーフィーフッター版ジョシュ・カーといった感じです。まさに好きなことを仕事にしたイカロ。チェックして見て下さい。

サーフトリップの関連記事
  • アリッツ・アランブルがスケルトンベイから野生動物までナミビア満喫トリップ
  • ニアス(インドネシア)のビッグバレルを当てたアリッツ・アランブル@2016/6
  • 結果を出しながらもアンダーグランドなマイケル・ロドリゲス!ハワイ&インドネシア動画
  • ビラボンのモデル系プロサーファーの二人がメキシコのトドス・サントスへサーフトリップ
  • アリッツ・アランブルがスペインの若手兄弟サーファーと訪れた北アフリカのモロッコ
  • アルビー・レイヤーがローカルに脅される!?マウイボーイズのニュージーランドトリップ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事