via vimeo

一般的なサーフィンとは全く別物といった感もあるエクストリームなビッグウェイブサーフィン。

そのビッグウェイブサーフィンの中でも、群を抜いてエクストリームなのがコールドウォーターでのビッグウェイブサーフィン。

今回の動画は、北半球が真冬となる2月にアイルランドで繰り広げられたビッグウェイブサーフィンの映像をお届けします。


スポンサーリンク


アイルランドのビッグウェイブを求めてトリップしたのは、スペイン出身ビッグウェイブサーファーのナチョ・ゴンザレスとインダル・ウナヌー。

ビッグウェイブサーファーと言えばメインスポンサーの付いていないサーファーも多いのですが、ナチョはクイックシルバー、インダルはリップカールと二人はエリート系です。

コンテストの世界では、二人揃ってBWT(ビッグウェイブツアー)イベントの出場経験があるほどですし。

そんな二人が訪れた2月のアイルランドは、外気が1度、水温が7度に加え、スラブ(slab:底ボレするバレル)系ビッグウェイブという極限のコンディション。

まさに命懸けという「コールドウォーター」×「ビッグウェイブサーフィン」をチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事