via themadhueys's instagram

サーフィンにおける基本的ルールであるピーク優先。波のピーク(一番最初に波が崩れ始める場所)に最も近いサーファーが、波に乗る優先権(プライオリティ)があるというものです。

このルールを破ることがドロップイン(前乗り)と呼ばれ、時にはケンカに発展するケースもあります。

今回の記事は、ローワーズ(ローワー・トレッスルズ)でのイベント開催前にガブリエル・メディナが一般サーファーにドロップインした映像をお届けします。


スポンサーリンク


ガブリエルによるドロップイン動画は、以前にもお届けした事があります。その時も南カリフォルニアのものでしたね…。

いくら世界トッププロであろうが、大切なCTイベント前のウォーミングアップセッションであろうが、フリーサーフィン中はプロもピーク優先のルールは守らなければならないはず。

なのですが、ガブリエルによるドロップインは話題になることが多いので、頻繁に繰り返しているのでしょう…。

個人的には、プロサーファーは若手などのロールモデルでもあるので、しっかりとルールを守るべきだと思います。

そうでなければ、若いサーファーも「上手くなればドロップインもありなんだ」と勘違いや真似する可能性があるので、プロは自身の影響力を考えた行動を取るべきです。

ドロップインは絶対に厳禁。ドロップインされたサーファーだけでなく、雰囲気が悪くなると周りにいるサーファーも気分を害することになりますからね。

Soft top drop🇺🇸 hahahahahahhahaha hahahahhah @gabrielmedina

themadhueysさん(@themadhueys)がシェアした投稿 -

ガブリエル・メディナのドロップイン&危険ライドの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事