プロサーファーの仕事として最も馴染み深いものの一つがサーフスクールなどでのインストラクター。

元CTサーファーでありビッグウェイブウェイブサーファーのディンゴこと、ディーン・モリソン「Dean Morrison」(37歳)もサーフレッスンを行うためのサイトを立ち上げましたが、通常とは異なる興味深いコースまで含まれていることに。

今回の記事は、ディーン・モリソンがスタートさせたサーフスクールの枠を超えたサービスの内容についてお届けします。


スポンサーリンク


ミック・ファニングにジョエル・パーキンソンと共にクーリーキッズと呼ばれ、ワールドツアーで活躍していたディンゴ。

ワールドツアー引退後はビッグウェイブの世界で現在も活躍中と、サーフィン界のあらゆる世界を見てきた経験豊富なサーファーです。

そんなディンゴによるサーフスクールですが、かなり一般的な内容からはかけ離れているものの、ファンならば堪らないといった内容になっています。

ディンゴによるスクールのコースは以下の3つ。

左の「Private 90 mins one-on-one」は、肉体と精神をネクストレベルに上げるための90分プライベートサーフレッスン。

真ん中の「All Day Lesson With Jet Ski」は一日レッスンとなっていて、ジェットスキー使用とビデオ解析が加わりより密度の高いサーフレッスン。

ここまではごく一般的なサーフレッスンですが、ディンゴ流となるのが右の「Wave of A Lifetime Travel Week」。このコースは、「一生忘れられない波」に乗らせてくれるという内容でスクールではありません(笑)。

人それぞれ思い描くドリームウェイブをディンゴに伝えれば、世界中のスウェルチャートをチェックしてドリームウェイブが発生すると予想される場所にトリップ。

場所は世界中が対象となりますが、料金設定はオーストラリア国内の場合で5,000豪ドルからとのこと。料金が高額なのはしょうがないとして、かなり壮大なコースと言えますね。

「ディンゴと一緒にサーフしたい」や「ディンゴの経験を生かしてドリームウェイブに乗りたい」と考えるサーファーには興味深いのではないでしょうか。

公式サイト「THE WAVE OF A LIFETIME

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事