via vimeo

世界トップレベルのビッグウェイブサーファーでありながら、メインスポンサーが何年も不在のローリー・タウナー「Laurie Towner」(31歳)。

そんなローリーでしたが、プロサーファーから応援の声がSNSで広がる事でトリップに出るチャンスを掴むことに。

今回の動画は、ローリー・タウナーが数年振りにメガスウェルがヒットした事で話題となった今年5月のクラウドブレイク(フィジー)を訪れた際の映像をお届けします。


スポンサーリンク


ローリーにチャンスを与えたのは、「Need Essentials」というウエットスーツメーカー。

同メーカーがトリップ費用をカバーしてくれることでローリーは昨シーズンにジョーズ(マウイ島)を訪れ、次なる目的地はビッグスウェルがヒットするタイミングでのチョープー(タヒチ)でした。

しかし、フィジーのクラウドブレイクに2012年振りのヒュージスウェルがヒットと絶好のタイミングとなり、クラウドブレイク入りすることに。

クラウドブレイクでスーパーセッションとなった1日目、望んでいたスウェルに乗る事ができなかったと語るローリー。

でしたが、2日目に信じられないようなチャージを繰り返し、撮影していたフィルマーは以下の投稿をしています。

I feel very fortunate to have experienced this amazing ocean energy over the last week here in Fiji. On this day @laurietowner wanted something that was beyond what the normal surfer can comprehend . Throwing himself into lumps of ocean that resembled mountains over and over again. This wave was the most perfect monster I have ever seen and Loz seemed to somehow make it look easy. Paddling back into the lineup there was an outburst of applause from those who got to stare down the eye of this beast. Hats of to this man - time for another Fiji Bitter. 🍻 cheers to @needessentials for getting us over here and all the boys making this trip one to remember for days to come. @navfox @woodyjacksurfboards @danielsaann

Gary Parkerさん(@gary_parker)がシェアした投稿 -

ローリーは何度も何度も、山のようなビッグスウェルに身を投じていたんだ。この波は僕がこれまでに見た中でも最もパーフェクトなモンスターで、ローリーはいとも簡単そうにメイクして見せた。

ローリーがラインナップにパドルバックすると、間近で見ていたサーファーたちから拍手喝采の嵐だったよ。

同スウェルヒット時は世界中のトップビッグウェイブサーファーが集まり、そのサーファーたちを唸らせるほどのライディングを見せたので、存在感を大きくアピールできたと言えるでしょう。

与えられたチャンスを活かし、見事なまでの映像を残すことに成功したローリー。メインスポンサーが早く付き、ビッグウェイブハンティングに専念できる環境が整ってほしいですね。

ローリー・タウナーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事