今や陸でのサーフィンイメトレとして圧倒的な人気を誇るスケートボード「カーバー(Carver)」。

サーフスケートにおいて不動の存在とも言えるほど大きくなったものの、それまでの道のりは決して平坦ではなかったと言います。

今回の動画は、カーバースケートボードが公開した21年の歴史を振り返る映像をお届けします。


スポンサーリンク


1996年、カリフォルニア州ベニスにてニール・カーバーがスタートさせたカーバースケートボード。

波がフラットになりやすい夏になるとサーフィンできない日が続くことも珍しくないので、家具職人であったニールが新たなスケートボードの製作に取り組み始めたことがきっかけだそうです。

カーバーの特徴と言えば、左右に動くフロントトラックによりサーフィンに近い動きを可能にする点。

しかし、簡単にできるわけもなく、幾多の試行錯誤を繰り返した上でようやく完成。

完成はしたものの、なかなか新しいものには興味を示してもらえず、そんな時期に積極的にアプローチしてきたのが日本のディーラーというのは意外と知られていない事実かもしれません。

今では米国サーフチームと提携したり、テイラー・ノックス、コートニー・コンローグ、ヤゴ・ドラなど数々のプロサーファーのシグネチャーモデルまでリリース。

サーファーにとっての陸トレとして無くてはならないサーフスケートの地位を確立していますし、大抵のサーファーならカーバーに乗ったことがあるのではないでしょうか。

そんなカーバーの歴史を動画から振り返って見て下さい。

-----

カーバーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事