若干17歳ながら、エアーに関しては飛び抜けた才能を持つブラジル出身のヤゴ・ドラ。メディアが注目を集めるきっかけとなったのは、やはり昨シーズンのオアフ島ノースショアで見せたバックフリップでしょう。

サーフィンでバックフリップと言えば、やはりハワイアンであるフリン・ノヴァックがメイクした事が有名だと思います。フリンは、8年以上に渡りバックフリップにチャレンジし続け、2010年にようやくメイクしたシーンを映像に残しました。


スポンサーリンク

フリンのメイク後、しばらく間が空きましたが、昨シーズンのハワイでガブリエル・メディナがメイクし、再びバックフリップが脚光を浴びました。

そんな中、当時16歳であったヤゴも、キレイな着地でメイクした映像を残したのです。世界を見渡しても、バックフリップをメイクできるサーファーは極めて少ないので、大きな偉業として取り沙汰されました。

今回の動画は、そのヤゴがバックフリップをメイクした時の映像&オーストラリアでエアーしまくりの映像となります。強引にエアーするわけではなく、余裕を持ってメイクしている点にポテンシャルを感じますね。

ターンはまだまだ軽いですが、年齢を考えてみればこれからでしょう。それにしても、若手ブラジリアンは、才能の宝庫といった感じで続々とニューカマーが登場してきますね。


この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事