オーストラリアを代表するツインフィンマスターの一人であるアッシャー・ペイシー(Asher Pacey)。

昨年はかつてのスポンサーであったRVCA(ルーカ)と再びスポンサー契約を結んだりと、30代後半のアッシャーはまるで若手のように順調なスポンサー事情を経ています。

今回の動画は、今なお勢いに乗っているアッシャー・ペイシーによるメキシコのポイントブレイクでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


アッシャーのスポンサー事情についてはルーカ以外にも大きな変化がありました。

これまでのサーフボードスポンサーであった世界大手のDHDから、カリフォルニアのサンクレメンテを拠点にするアルバムサーフボードに移籍したのです。

DHDからはアッシャーモデルのツインなどリリースされていたし、現在はモダンツイン人気が出てきたといっても、やはり時代の流れはトップクラスの有名サーファーが乗るボード。

過去にはミニボードが流行の兆しを見せたものの爆発することはなく、ケリー・スレーターが使用したことで起爆剤となったことがあります。

やはり、世界トップが気に入ったり使ったりしない限り、新たなデザインなどは一般サーファーに幅広く浸透することはないのかなと思います。

そのサーファーが、例え世界的に知られるツインフィンマスターのアッシャーであっても、知名度としては流行を生み出すほどには至らないのでしょう。

何はともあれ、アルバムサーフボードがサンクレメンテをホームとしているので、今回のメキシコトリップが決行されたのかもしれません。

ツインとスラスターでは別物に見られがちですが、コンテストサーフィンで流行ってきているレイバックハックを取り入れたりと、重なる部分がある点が興味深いです。

アッシャー・ペイシーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事