先日終了したばかりの2014年度フィジー・プロ。波は、期待とは裏腹に、2週間近くのウェイティングピリオドが設定されていたにも関わらず、頭オーバー程度のサイズでの開催となりました。

クラウドブレイクにしては、外れと言えるサイズですね。一般サーファーには、十分過ぎるほどのグッドウェイブでしたけど。そこで、今回の動画は、クラウドブレイクが真価を発揮した時の映像をお届けします。

この映像が撮影されたのは、2012年度フィジー・プロのコンテスト期間のこと。モンスタースウェル到来によりコンテストはオフとなり、代わりに、このスウェルを狙ってやって来た世界中からのビッグウェイブサーファーによるスーパーセッションが繰り広げられました。

このセッションが凄まじいのは、みんなパドルインで乗っている点。トウイン(ジェットスキーで牽引して波乗るスタイル)が流行っていた頃は、ビッグウェイブにはジェットのアシストが当たり前でしたが、ここ数年は自力で波に乗るパドルインサーフィンが再び主流となり、ギリギリ乗れそうな波なら、パドルインが一般的となっています。

ビッグウェイブサーファーにとって、ワールドツアーのために主要メディアが集まっているので、名前を売る絶好のチャンスだったとは思いますが、ヤバすぎですね・・・。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事