ケリー・スレーターと同じく「モーメンタム世代」のロブ・マチャド(41歳)。ワールドツアーで大活躍していたロブは、パイプマスターズやUSオープンといった大舞台での優勝経験もあり、ワールドツアーイベントでは計12回の優勝を果たし、年間ランキングではトップ3に2回入った経験を持つサーファーでした。

現役時代のロブを知らないサーファーにとっては、意外なキャリアのように感じる方もいるかもしれませんね。現在のロブは、完全にフリーサーファーのイメージが強く、リラックスしながら波をクルーズする様子は、完全にコンテストサーファーとは対極の存在ですから。

今回の動画は、そんなロブがセルフシェイプしたボードでフリーサーフする映像となります。自分でシェイプしたボードに自分で乗るなんて、いかにもロブらしい感じがしますね。また、スムーズなスタイルは今も健在で、クルーズしているだけでも絵になるサーファーです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事