©WSL

©WSL

WCTイベント最終戦となるマウイプロがカリッサ・ムーアの優勝によって終了し、カリッサが3度目のワールドチャンピオンとなる事で幕を閉じた2015年シーズンのウイメンズWCT。

ウイメンズWQSは11月前半に終わっていたので、WSL(ワールドサーフリーグ)によるウイメンズショートボード部門のコンテストシーズンは正式に終わりを告げました。

今回の記事は、今シーズンのWCTランキングとWQSランキングが確定したので、来年2016年シーズンのWCTに参加する女性サーファーをお伝えします。WCTとWQSの違いについては、下記リンク先からチェックして下さい。

WSLが運営するプロサーフィンツアーの「WCT」と「WQS」について


スポンサーリンク

まずは、2015年シーズンのWCTランキングから。

2015 WCT ランキング
2015年ウイメンズWCTの全ランキング

ウイメンズWCTは、ランキングのトップ10が来シーズンのツアー残留を果たすので、10位のマリア・マニュエルまでがワールドツアーの座をキープすることになります。

続いては、2015年シーズンのWQSランキング。

2015 WQS ランキング
2015年ウイメンズWQSの全ランキング

ウイメンズWQSは、ランキングのトップ6が来シーズンのツアー入りの資格を得ます。ただし、WCTのトップ10に入り、尚且つWQSのトップ6にも入っているサーファーはツアー入りの資格が重複するため、WQSランクは除外となり、WQS7位以下のサーファーが繰り上げとなります。

2015年シーズンであれば、タティアナ・ウェストン・ウェブ、ニッキ・ヴァン・ダイク、マリア・マニュエルの3名が該当するので、WQSランク9位のローラ・エネヴァーまでがWCT入り、もしくはWCT残留となります。

上記16名に加え、1名のサーファーにWSLからワイルドカード枠が与えられます。ワイルドカード枠とは、実力があるのに怪我で欠場が多かったサーファーなどに与えられる特別枠。

今回は、怪我でWCTイベントを半分以上も欠場することになった、6×ワールドチャンピオンのステファニー・ギルモアに与えられる事になるでしょう。ステファニーがワイルドカードを拒否しない限り、間違いないはずです。

(追記:2015/12/23)

WSLからのワイルドカード枠はステファニー・ギルモアとなりました。

2016年シーズンのツアールーキーとなるチェルシー・トゥアクの動画を含む関連記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

2015年度ウイメンズWQSランキングがほぼ確定&新人ツアーサーファーをピックアップ

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事