Photo: WSL / JACK BARRIPP

近年では主に単発イベントの結果でワールドチャンピオンが決まっていたWSL(ワールドサーフリーグ)のロングボード部門。

しかし、ショートボードやBWT(ビッグウェイブツアー)同様、今季からはツアーイベントへと再構築されることに。

今回の記事は、WSLロングボードイベント変革に関してWSLが公式発表した内容をお届けします。


スポンサーリンク


ここ数年は基本的には、台湾や中国で開催されているチャンピオンシップイベントの優勝者がワールドチャンピオンという流れになっていたロングボード界。

でしたが、新たなロングボードツアーを構築したとWSLが発表。ツアースケジュールに関しては以下の通り。

2019 Longboard Tour Schedule

・Longboard Tour Noosa: 2019年3月7~10
・Longboard Tour Galicia: 2019年8月27~31
・Longboard Tour New York: 2019年9月6~12
・Taiwan Open World Longboard Championships: 未定

ツアーイベントとしては4つあるのですが、ショートボード部門とは少し異なるシステムとなっています。

台湾で開催されるワールド・ロングボード・チャンピオンシップが決勝であれば、残り3イベントは予選ラウンドといった形式となるためです。

ヌーサ(オーストラリア)、ガリシア(スペイン)、ニューヨーク(アメリカ)の3イベントは優勝が6,000ポイントで賞金は3万ドル。

3イベントで獲得した合計ポイントのランキングにおいてトップ12入りしたロングボーダーが、決勝と言う位置付けの同チャンピオンシップ出場となります。

男女共に24名出場となるチャンピオンシップへの出場枠の内訳は以下の通り。

・2019年ランキングのトップ12
・2018年ランキングのトップ8
・ワイルドカード4名

チャンピオンシップでは優勝が10,000ポイント(賞金6万ドル)へと上がり、クライマックスを迎えることになります。

新たなフォーマットへと移行することで、コンテストシーンにおけるロングボードがどのような盛り上がりを見せることになるのか楽しみですね。

-----

公式サイト「WSL

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事