via vimeo

世界トップレベルのフリーサーファーであるアルビー・レイヤー「Albee Layer」(28歳)。

ホームであるマウイ島ジョーズでのビッグウェイブチャージ、そして誰も成し遂げたことのないエアリアルのローテーションを追い求めたりと、サーフィンの進化を常に追求しているサーファーです。

そんなアルビーは今年、臀部の手術をしてしばらくサーフィンから遠ざかっていました。

今回の動画は、アルビー・レイヤーの手術からサーフィン復帰までのドキュメンタリー映像をお届けします。


スポンサーリンク


アルビーが臀部の手術を行うことは、2018/2019年のハワイシーズンを終えてからと手術前から公言していました。

では、なぜ手術を行うに至ったのか!?アルビーが臀部に違和感を感じるようになったのは、エルニーニョ年でビッグウェイブが頻繁に発生した2015/2016年の北半球のウインターシーズン。

違和感の理由は大腿部の骨棘(骨が余分に形成されてできた出っ張り)が肥大化し、臀部の可動域が狭くなり、痛みを伴うようになったため。

痛みは耐えられないほどのレベルではなかったものの、エアリアル時のグラブ(手でサーフボードを掴むこと)がままならないほどの状態に悪化したので、手術を決意したそうです。

ちなみに、臀部ということでお尻の手術ではあるのですが、お尻を交換したわけではなく、骨の形を変えたとのこと。

アルビーは今回、2度に渡る手術を行っていて、1回目が3月4日、2回目が4月8日だったと言います。現在の体調は、手術前と比べて90%近くまで回復したようです。

そんなアルビーの手術からリハビリ、そしてサーフィン復帰までの様子を収めた今回の動画。動画の編集はアルビー本人が手掛けています。

動画後半では、マウイ島でシグネチャームーブであるアーリーウープのダブルスピンのメイク寸前映像まで。

早く完全復帰を果たし、マックツイストなどアルビーらしいエアリアルのバリエーションを見せてもらいたいですね。

-----

参照記事「Two Hip Surgeries Later, Albee Layer Is Back To (Almost) Spinning Double-Oops

アルビー・レイヤーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事