blank

Photo: WSL / MASUREL

2015年ワールドチャンピオンのアドリアーノ・デ・スーザ「Adriano de Souza 」(33歳)。

2014年のガブリエル・メディナに続き、ブラジリアンとしては2人目のワールドチャンピオンです。

そのアドリアーノが来シーズンとなる2021年シーズンをもってワールドツアーを引退することを発表。

今回の記事は、アドリアーノ・デ・スーザが急遽発表した引退に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


2007年からCTサーファーとして活動し、1度もツアー落ちした経験がないトップサーファーのアドリアーノ。

昨年2019年シーズンは怪我により自身初となる長期ツアー離脱を余儀なくされたものの、元ワールドチャンピオンと言う事でインジュリーワイルドカード付与によりツアー残留を決めました。

アドリアーノ本人よる引退発表のコメントは以下となります。

様々な事情から、引退という決断を下すことになりました。過去15年間、私は自分の人生を完全にサーフィンに捧げて来ました。

それほどの情熱無くしてCTイベントに出場できなければチャンピオンには相応しくないし、サーフィンのエネルギーに釣り合わないためです。

現在の私は色々なことにトライしたいと考えています。例えば、プレッシャーのないスペシャルイベント出場だったり、仲間とのサーフトリップだったり。

View this post on Instagram

O-B-R-I-G-A-D-O 🇧🇷! Quero agradecer a tudo e a todos, pela linda trajetória até aqui. Fãs, amigos e familiares, vejo vocês em 2021 para celebrar, torcer e vibrar junto comigo, o meu último ano competindo o circuito mundial da @wsl. Vem 2021!!! #VALEUMINEIRO Valeu a @hdoficial @redbullbr @oi_oficial @mundomit @chilli_surfboards @bananawax @minikalzone @construtoranossolar @protetorbrazinco ❤️🤝 // THANK YOU! I would like to thank each and everyone that has followed mu journey until now. Fans, friends & family, I will wait for all of you in 2021 to celebrate and cheer ond my final as a competitor on the @wsl championship tour. See you all next year! #VALEUMINEIRO

A post shared by Adriano De Souza (@adrianodesouza) on

さて、サーフィンの面白い点は、例えワールドツアーを引退したとしても、金銭面のサポートをしてくれるスポンサーが付いていればプロサーファーです。

活動の舞台がワールドツアーからフリーサーフィンに移るだけであり、基本的にアドリアーノほどのレベルのサーファーの大半は、ツアー引退後もフリーサーファーとして活躍しています。

ここ数年であれば、ミック・ファニング、ジョエル・パーキンソン、タジ・バロウなんかもしっかりとメインスポンサーが付いていますし。

近年の流れであれば、来シーズンでの引退であれば34歳で第一線から離れると言う早い決断を下したアドリアーノ。

2021年シーズンが実際に開催となるのか現時点においては不明ですが、アドリアーノのラストシーズンの活躍を楽しみにしたいところです。

-----

公式サイト「WSL

アドリアーノ・デ・スーザの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事