美しい海が広がることからハネムーン先として人気の高いモルディブ。

サーファーにとってみれば、パーフェクトなマシンウェイブがブレイクするサーフデスティネーションとのイメージを持つ方も多いでしょう。

そんなモルディブへとビラボンウイメンズがサーフトリップ。

今回の動画は、ビラボンウイメンズのショートボードとロングボードのプロが混合したサーフトリップ映像をお届けします。


スポンサーリンク


トリップに参加しているメンバーは以下の通り。

・アレッサ・クイゾン
・ジョシー・プレンダーガスト
・マリナ・アロンソ

モルディブと一口に行ってもエリアは幅広く、今回のメンバーが訪れたのは北マーレのロヒスをメインとし、ロングボーダーのジョシーもいるので少しだけニンジャでのサーフシーンも。

さて、モルディブと言えばサーフスポット目の前のリゾート宿泊客のみサーフ可能といった人数制限を強いているブレイクもあります。

そこでロヒスの状況を調べてみると、ロヒス目の前のリゾート「Hudhuranfushi」の公式サイトには以下の記述がありました。

Hudhuranfushi guests have exclusive access to Lohi’s surf break, an exciting left-hander that offers consistent performance.

「exclusive access」という事で、宿泊客以外はサーフィンが禁止されているのでしょう。

さらに調べてみると、同リゾートと提携したサーフツアーを提供している「World Surfaris」のサイトを見ると、2014年から一度にロヒスのラインナップに入れる人数は最大で45名までに制限しているとか。

もしも最大となる45名が一度に入っていたら、激込みと言えるほどの混雑だと思うのですが…。

ちなみに、同リゾートの宿泊客であってもサーフィンするとの旨を申請していなければ、サーフィンは許可されないそうです。

昔のロヒスは独占アクセスや人数制限などなく、リゾートの宿代もリーズナブルだったと記憶してます。

ですが、宿泊客のみのアクセスとなってリゾートの値段は高騰。モルディブでは今後このような流れが他のリゾートにも波及して行くのかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事