サーファーならば一度は行ってみたいプレイグランドのメンタワイ諸島。ハードなサーフスポットから、中級レベルのサーファーでも楽しめるソフトな波と幅広い選択肢が広がり、サーファーにとって夢のエリアです。

そんなメンタワイをトリップするのなら、定番なのはボートで過ごしながら波を追い求めるボートトリップ。究極のトリップスタイルですよね。しかし、メンタワイ諸島の島にアコモデーションを建設し、僻地にもかかわらず、まるで日常と変わらぬ快適さを提供するサーフキャンプも増えてきています。

今回の動画は、そんなサーフキャンプの一つである「アウェラ・アイランド・サーフキャンプ(Awera Island Surf Camp)」のプロモーション映像となります。

awera island

 
ボートトリップと違い、サーフキャンプでのステイで最大の魅力は、手付かずの自然に囲まれた環境で過ごせるということ。しかも、部屋に戻れば、テレビやインターネットを楽しむこともできるので、不便な点は一切ないですね(最近では、海外で使えるレンタルのモバイルルーターをボートトリップに持ち込む強者もいますが・・・)。

気になる波に関しては、同サーフキャンプからボートで30分も走れば、テレスコープといった有名スポットを含む15箇所ほどのサーフスポットへとアクセス可能になっているとのこと。そのため、メンタワイでラインナップを貸切でサーフィンを楽しむこともできるそうです。実際、映像を見ると、誰も乗っていない波がブレイクしていますね。

サーフキャンプは、ボートトリップと比べて予算を抑えることができるのも魅力ですね。もちろん、リゾートステイといった豪華なスタイルを除いてのことですが。そんなサーフキャンプですが、ボートトリップと比べて唯一の問題点を挙げるとすれば、自然豊かな僻地の陸地ということで、マラリアなどといった感染症が気になるところ。

そのため、誰にでも薦められるトリップスタイルとは言えませんが、最高な体験ができるのは間違いないでしょうね。ちなみに、メンタワイのサーフシーズンは4~10月ですが、オフシーズンでも十分に楽しめる波がブレイクしているそうです。

Awera Island Surf Campの公式サイト


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事