blank

via vimeo

2016年にシドニー(オーストラリア)で開催された「Red Bull Cape Fear」。

同イベントはサーフィンイベントとしては最も危険なコンテストだったと言われ、その舞台となったのがカメイ・ボタニー・ベイ国立公園内に位置するケープ・ソランダーです。

そのケープ・ソランダーにサイクロン「ウエシ」スウェルがヒットし覚醒したとか。

今回の動画は、サイクロンスウェルが入ったケープ・ソランダーでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


危険極まりないサーフスポットとして知られるケープ・ソランダー。

その理由としては、テイクオフゾーンのすぐ近くにインサイドの岩棚が待ち構えているので、テイクオフに失敗すれば岩場に叩きつけられる可能性が高いためです。

また、波自体が2~3段掘れするくらい癖波であることから、ライディング中にボトムが無くなったりと突然変異することもしばしば。

それだけ困難だからということで、当初はスタンドアップサーフィン向けではないと、ボディボーダーのみがチャージしていたそうです。

そんな中、マルーブラをホームとするコビー・アバートンなどといったブラボーイズがケープ・ソランダーでサーフするようになることに。

さて、ケープ・ソランダーという名前は実際の地名で、サーフスポット名は「Cape Fear」や「Ours」など複数あります。

その中から、レッドブルイベントでは「Cape Fear」という名前をイベントに入れています。そしてイベント自体は、ローカルvsビジターという形で行われました。

ブラボーイズはサーフギャングとも言われたくらい強烈で、当時は仲間以外のサーファーがやって来ると威圧して追い出していたそうですが、現在のラインナップは平和になっているそうです。

そんなケープ・ソランダーでのセッション。炸裂状態とは言えないまでも、ある程度のスウェルがヒットしないとブレイクしないサーフスポットなので、貴重な映像と言えるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事