blank

via youtube

20代後半になると契約解消も珍しくないプロサーファーとスポンサーのリレーションシップ。

一方、40歳になっても好調なスポンサー事情を見せているのが、オーストラリアのツインフィンマスターとして知られるアッシャー・ペイシー「Asher Pacey」(40歳)。

スタイルマスターとして独自の道を切り開いた点が大きく、今でも高く評価されているのでしょう。

今回の動画は、アッシャー・ペイシーによるホームであるオーストラリアでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


動画の舞台となっているのはスラブの宝庫としても知られるNSW(ニューサウスウェールズ)州サウスコースト。

オージーの若手ビッグウェイブサーファーのラッセル・ビールキのホームでもあります。

そのサウスコーストを舞台に3部編成となっている今回の動画。

序盤は元CT(チャンピオンシップツアー)サーファーのカイ・オットンとのセッションからスタート。

続いてはニーボーダーのシェイン・シンプソンとのセッション。私はあまりニーボードの動画を見たことがなかったのですが、ターンのクイックさなど驚かされました。

ラストはアッシャーのみをフィーチャーしたシーンとなっていて、ターンがツインフィッシュと言うよりも、スラスター並みにパワフルな点が強烈です。

アッシャー・ペイシーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事