サーファーならば誰しも思い入れの深いサーフスポットがあるでしょう。

馴染み深いホームブレイクであったり、極上の波を当てたサーフスポットであったりと様々ではないでしょうか。

人によっては常にそのサーフスポットの波をチェックし続け、スウェルが入りそうになったら必ず訪れるサーファーもいるとか。

今回の動画は、マラモアというサーフスポットとトム・ロウというビッグウェイブサーファーにフォーカスを当てた映像をお届けします。


スポンサーリンク


おそらく「マラモア」と「トム・ロウ」のどちらに関しても知らない方も多いと思うので少し説明します。

トム・ロウ「Tom Lowe」(36歳)はイギリスを代表するビッグウェイブサーファーで、WSLのBWT(ビッグウェイブツアー)イベントなどにも出場しています。

ナザレでトウインサーフ(ジェットスキーに牽引してもらい波に乗るスタイル)でチャージすることでも知られるトップレベルのビッグウェイブサーファー。

そんなトムがハマっているのが、アイルランドに位置するレフトスラブ(slab:底ボレするバレル)のマラモア。

マラモアの波はチョープー(タヒチ)の波を少しスケッチーにしたような感じで、大きな違いはトロピカルのチョープーに対してコールドウォーターという点。

マラモアでのサーフィンは基本的にパドルインなので、エクストリームなセッションとなります。

そのマラモアでは、溺死寸前の経験をしたり、骨折したこともあるものの、過去一番の波をゲットしたこともあるというトム。

トム曰く「マラモアに心と魂を捧げているんだ」と言うほどの熱さです。

そんなトムによるマラモアでのチャージをまとめた今回の動画。メインストリーム以外の熱き世界をチェックして見て下さい。

トム・ロウの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事