インドネシアのバリ島南部に位置するブキット半島。

同半島の西海岸はワールドクラスのサーフスポットが点在していて、特にレフトハンダーが特徴のエリアとなっていますね。

現在はすでにサーフシーズンを終えたので、シーズン中のハイライト映像が数々公開され、当サイトでも紹介しています。

今回の動画は、バリ島のビンギンにおける2020年シーズンのトップ10映像をお届けします。


スポンサーリンク


ブキット半島のレフトハンダーとして、トップ3の一つに挙げられるビンギン。

Swellbaliによると、トップ3はウルワツ、パダンパダン、ビンギンとのことです。

それぞれの特徴としては、最もコンスタントにサーフ可能なウルワツ、コンスタントではないもののコンディションが決まるとバリ島一のビッグバレルがブレイクするパダンパダン。

そしてビンギンはと言うと、バリ島一のパーフェクトバレルであり、規則正しいブレイクはマシンブレイクそのものとのこと。

動画の概要欄には、シーズンを振り返り以下のコメントが掲載されています。

2020年はヒュージスウェルが入る日は少なかったけど、ミディアム~ソリッドスウェルは豊富に入ったね。

それに加え、スウェルの向きが良かったこともあって、ロングバレルに繋がることになった。

とてもレアなんだけど、インサイドセクションでメイク可能なバレルがブレイクする日さえ数日あったんだ。

パーフェクトバレルと称されるビンギンのシーズントップ10をチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事