サーフィンオーストラリアがスタートさせたシリーズ動画「The Hold Down」。

何かしらのテーマを決め、そのテーマにおける最大の瞬間をトップ5形式で綴っていく内容です。

ホスト役を務めるのは、WSLコメンテーターでお馴染みのロニー・ブレイキーとロニーの兄であるヴォーン・ブレイキー。

今回の動画は、ミック・ファニングをテーマにした「The Hold Down」シーズン1エピソード1をお届けします。


スポンサーリンク


3×ワールドチャンピオンであり、オーストラリアを代表する国民的アスリートのミック・ファニング「Mick Fanning」(39歳)。

コンテストサーフィンにおいて一時代を築いたサーファーですね。

具体的に言えば、2007~2013年まではほぼ毎年、ケリー・スレーター、ジョエル・パーキンソン、そしてミックの3人がタイトルレースを争っていたほどですので。

そんなミックのコンペティター時代のハイライトは、まずはアスリート人生を危ぶませた2004年のハムストリングス完全断裂。

しかし、この怪我を機にアスリートとして大きく成長し、2007年の初ワールドタイトルに繋がったとも言えます。

その後は2009年と2013年もワールドチャンピオンとなり、トム・カレンやアンディ・アイアンズと並ぶ3×ワールドチャンピオンに輝きました。

サーファー以外にも知られたニュースとしては、南アフリカのJベイでのイベント中にシャークアタックに遭遇する事故もありました。

ミックの引退イベントとなったリップカールプロ@ベルズもまた、とても印象的でしたね。

現役を引退するにもかかわらず、ミックはファイナル進出を果たすほどトップレベルをキープしての幕引きだったのですから。

ちなみに、ミックが引退したのは2018年シーズンのことで、リップカールプロ@ベルズではファイナルでイタロ・フェレイラに敗退という結果でした。

上記で触れたポイントは全てトップ5に含まれているので、コンペティター時代のミックの雄姿を振り返ってみて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事