2007年にビラボンがリリースしたテイラー・スティール監督作品「Trilogy(トリロジー)」。

アンディ・アイアンズ、ジョエル・パーキンソン、タジ・バロウとビラボンライダーのトリオをフィーチャーした作品でした。

そして現代版トリロジーがハワイを舞台にサーフすることに。

今回の動画は、3名のビラボンライダーをフィーチャーしたハワイでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


過去にも取り上げられたことがあるので知っている方もいると思いますが、現代版トリロジーは以下となります。

*グリフィン・コラピント

*セス・モニーツ

*イーサン・ユーイング

3名は2021年シーズンのオープニングイベント出場のためにハワイのオアフ島ノースショアに集結。

シーズンオープナーとなるパイプマスターズを終え、次なるCTイベントとなるサンセットでの第2戦に備え、出来るだけサンセットで練習することに。

そんなある日、サンセットだけでなくパイプラインもグッドコンディションの予報となったものの、練習のためにサンセットに向かおうと思っていると、サンセットでのCTイベントのキャンセルが発表。

サーフィンは公の場での開催となり、スタジアムのように人数制限が出来ず、パイプマスターズでも密が発生したのでハワイ州がサーフイベントの開催を禁止したためです。

となれば、サーファーならば誰しもが求めるバレルを選び、パイプラインへとゴー。

動画ではパイプのみならず、オアフ島ノースショアでパイプ以外でのサーフシーンも収録されています。

また、これまではウイメンズCTイベントのみ開催されていたマウイ島ノースショアのホノルアベイへとストライクミッションしています。

ホノルアベイはスウェルがストレートに入らず、陸地にシェイプされて入るため、なかなかサイズアップしずらいのですが、一度炸裂すると見せるパーフェクトブレイクは圧巻です。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事