blank

via Koa Smith's instagram

サーファー版リアリティ番組として今年アメリカで放送された「The Ultimate Surfer」。

同番組では男女の優勝者に2022年シーズンのCTにおいて3×ワイルドカード出場権を与えられ、メンズで優勝したのは元CTサーファーのジークこと、イズキール・ラウ「Ezekiel Lau」(27歳)。

なのですが、ジークはすでにCSランクからCT返り咲きを決めてしまったので、宙ぶらりんとなってしまったのがワイルドカード3枠。

今回の記事は、ワイルドカード枠を巡るSNSでのムーブメントに関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


当初は若手で日の目を浴びてないサーファーを発掘しようというテーマであったアルティメイトサーファー。

でしたが、コロナ禍で放送が1年延期になると、出演者の多くはすでにコンテストシーンを離れ、ある程度の知名度があるフリーサーファー揃いとなりました。

フリーサーファーへの優勝のボーナスとして、CTイベントへのワイルドカードというのは違和感を感じましたが…。

なにはともあれ、結果としてメンズはジークが優勝となり、準優勝となったのはコア・スミス。

そのコアが今回、ジークのCTクオリファイで残ったワイルドカードは準優勝となった自分がふさわしいのではないかと、SNSで呼びかけて多くのプロサーファーが賛同の意を示しています。

ただ、WSLサイトのコアの人物紹介文では「コンテストではエリートレベルでありながら、プロのフリーサーファーと言う道を選んだ」と記載されています。

私もコアの活動を見ていて完全にフリーサーファーと思っていたので、CTイベントに出場したいと思っていたのは意外でした。

コア本人によるSNS投稿は以下となります。

非常に盛り上がりを見せている今回のムーブメントを色々な意味で意外に感じたのですが、実は裏があるようです。

今回のジークのようにダブルクオリファイとなった場合、これまでは次点に付けたサーファーが繰り上げクオリファイとなっていました。

今回のケースだとコアが当たるので、コアにワイルドカードが与えられるのは当然の流れだったのです。

なのですが、スタブ誌によると今年からWSLのポリシーが変更となり、ダブルクオリファイで余ったスポットは繰り上げではなく、WSLの裁量になるとのこと。

この変更はおそらくプレスリリースはされてなく、関係者にのみ通知された内容だと思います。

そしてポリシー変更には多くのプロサーファーが反対し、署名運動にまで発展しているそうです。

コアが本当にCTイベントに出場したいのかどうかは定かではありませんが、見方によっては問題提起するためにコアがムーブメントを起こしたとも見えます。

果たして、今回の件で一石を投じる事になるのか今後の動きに注目です。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事