大手サーフブランドであるリップカールの代名詞である「The Search(ザ・サーチ)」。

毎年点々と会場を変えるCTイベントのサーチイベントや、ヴァージンウェイブを求めて旅するサーチトリップなどありますね。

そして3×ワールドチャンピオンのミック・ファニングを筆頭とした新たなサーチトリップが行われることに。

今回の動画は、米国カリフォルニア州を舞台に行われたリップカールのサーチトリップ映像をお届けします。


スポンサーリンク


まだ世界中を自由に飛び回れるわけでもないので、昨年同様、今年もカリフォルニアを舞台にしたサーチトリップが決行。

トリップ参加メンバーは以下となります。

*ミック・ファニング
*コナー・コフィン
*クロスビー・コラピント

なかなか面白い組み合わせといった感じで、ミック以外はカリフォルニアがホームの2人ですね。

ロードトリップという事で、北はサンフランシスコから南下してくるルートだったのでしょう。

コナーのホームであるサンタバーバラまで南下してくると、ここでコナーはトリップから脱退と自由な旅となってます(笑)。

ラストのローワーズでは、WSLコメンテーターでありリップカールライダーのロージー・ホッジもセッションに参加。

ここからは、メインキャストの3名によるコメントをお届けします。

クロスビー・コラピント

コナーとミックと一緒にトリップに出たことがなかったから、今回のトリップは楽しかったよ。

2人と一緒にいて色々とサーフィンの話を聞いたりすることで、僕にとっては数々の学びがあったから。

ずっと憧れてた2人と行動を共にして、思いっきり笑いあえたり最高だった。

コナー・コフィン

ミックとクロスビーとのロードトリップは最高だった。

コロナ禍だからこんなトリップをするのも簡単なことじゃないんだけど、海岸線を北上して波を当てたりできて良かったよ。

みんな良いサーフィンをして、山ほど笑いあって、食にも恵まれたね。

個人的にはみんなをリンコンへ連れて行ったり、僕のホームタウンを紹介できたことにストークしたよ。

濃い霧が立ち込めていたのは残念だったけど。

ミックとクロスビーとのトリップはいつでも最高だから、これからももっとトリップできる事を楽しみにしてる。

ミック・ファニング

二人とのトリップは本当に楽しかった。

コナーとはワールドツアーで旅していたけど、今回のようなトリップは初めて。

クロスビーとのセッションは、クロスビーがグリフィンと一緒にゴールドコーストに来た時とハワイでの数回程度かな。

クロスビーを早朝から叩き起こして、日没まで一緒にサーフするのが定番で。

クロスビーやコナーと一緒のサーフィンは大好きで、二人共に最高のサーファーだね。

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事