4月10日からイベント期間に入る事から、続々とオーストラリア入りしているCTサーファーたち。

レイキー・ピーターソンなんかは夫のホームがベルズビーチ周辺とのことで、早くからベルズ入りしてフリーサーフィン動画を公開しています。

ベルズとは離れたオーストラリア東海岸には、3名のCTサーファーが集まりセッションしていたようです。

今回の動画は、3月28日に撮影されたCTサーファー3名によるフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


動画に出演しているCTサーファーは以下の通り。

*レオナルド・フィオラヴァンティ
*フレデリコ・モライス
*ライアン・カリナン

イタリアのレオ、ポルトガルのフレデリコ、オーストラリアのライアンと出身地はバラバラですが、3名には共通点があります。

その共通点とはコーチが同じというところ。

3名のコーチを務めるのは、ワールドツアーでも活躍した元プロサーファーのドッグこと、リチャード・マーシュ。

ドッグはオーストラリア出身ですが、プロサーファー引退後にフランスへと移住したため、ヨーロピアンサーファーとの繋がりも深いとのこと。

さて、そんな3名がフリーサーフィンしている場所は、ミアウェザーのディクソンパークという事でライアンのホームですね。

最後に、残り2戦でミッドシーズンカットということで、3名のCTランキングは以下となります。

レオナルド・フィオラヴァンティ:23位
フレデリコ・モライス:23位
ライアン・カリナン:31位

レオとフレデリコがボーダーライン、CT初戦を怪我により欠場したライアンは厳しい状況と言えます。

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事