2014~2015年シーズンにCT(チャンピオンシップツアー)サーファーとして活動していたディミティ・ストイル「Dimity Stoyle」(30歳)。

オーストラリアQLD(クイーンズランド)州サンシャインコーストをホームとするパワーサーファーです。

そんなディミティがロキシーライダーとなることに。

今回の動画は、ロキシーが公開したディミティ・ストイルのウェルカム映像をお届けします。


スポンサーリンク


20代前半でワールドツアー入りを果たしたディミティ。

私の記憶が正しければ当時はメインスポンサーが付いてなく、ワールドツアー入りすれば単純にスポンサーが付くわけではないと実感させられた記憶があります。

その後も、ディミティのSNSを辿って見ても、サーフボードのノーズにステッカーが貼られることはありませんでした。

2015年にCT残留を逃したディミティは、決してコンテストサーフィンから離れたわけではなく、今年開催されたQS5,000イベントでも優勝したりとトップフォーム。

サーフィン以外ではDJとしても活躍の幅を広げ、WSLのアワードにDJとして参加したりしています。

また、CTサーファー経験があることから、CTイベントの舞台裏取材をこなしたりと、キャリアの幅を広げたきたことが認められ、30歳にしてロキシーライダーになれたのでしょう。

今回の件について、ディミティは以下のSNS投稿をしています。

自分らしくあり続けて大きな夢を持ち続ければ、夢は実現する。

ロキシーファミリー入りできるなんて嬉しくてしょうがないわ。

ディミティはステファニー・ギルモアと仲が良いので、ステフとチームメイトになれる事も嬉しい事でしょう。

今なお素晴らしいパフォーマンスを見せるディミティの今後の活躍を楽しみにしたい所です。

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事