blank

Photo: WSL / KIRSTIN SCHOLTZ

昨シーズンから発足したWSL(ワールドサーフリーグ)による二次リーグ的ツアーと言えるCS(チャレンジャーシリーズ)。

2019年シーズンまで、サーフィンのワールドツアーであるCT(チャンピオンシップツアー)入りするには、QS(クオリファイングシリーズ)でのランキングで決定していました。

しかし、CTとQSの間にCSを作り、CSランキングによってCT入りのサーファーを決めるシステムへと変革したのです。

そして今季のCSイベント初戦が開催間近に迫ることに。

今回の記事は、CSへの出場権やCSイベントなどといったニュースについてお届けします。


スポンサーリンク


現行のCT入りルート

現在のシステムにおいてCTサーファーを決めるのは主に2つのルートがあり、1つ目はCTのミッドシーズンカットでメンズがトップ22、ウイメンズがトップ10入りして来季ツアー残留を決める。

もう一つはCSランキングでメンズがトップ10、ウイメンズがトップ6入りして、CTへのクオリファイを決めるルート。

インジュリーワイルドカードやリプレイスメント出場でのクオリファイといった特例ケースもありますが、基本的なルートは上記2つとなります。

CS出場サーファー

CT入りを目指すサーファーが主なCS出場者であり、CSシーズンスタート直前のCTミッドシーズンカットで来季ツアー残留を逃したサーファーや、新たにCT入りを目指すサーファーなどとなります。

基本的なCS出場サーファー数は、メンズが96名、ウイメンズが64名。

内訳としては、メンズが34名、ウイメンズが17名のCTサーファー(ミッドシーズンカットでツアー落ちしたサーファーも含む)。

WSLによる7つのリージョンで出場権を勝ち得たメンズ58名、ウイメンズ43名のサーファー。

各イベントで男女共に4枠のワイルドカードが設定され、出場しないCTサーファーのスポットはワイルドカードに追加となるそうです。

CSイベント最終戦となるハレイワチャレンジャーのみ、メンズ80名、ウイメンズ48名開催になるとのこと。

各リージョンで出場権を得たサーファー

大陸ベースで分けられたリージョンで勝ち上がり、CS出場権を得たサーファーは以下となります。

オーストラリア/オセアニア

Joel Vaughan
Kalani Ball
Kyuss King
Billy Stairmand
Te Kehukehu Butler
Jacob Willcox
Mikey McDonagh
Chris Zaffis
Sheldon Simkus
Jordy Lawler
Macy Callaghan
Dimity Stoyle
Sophie McCulloch
Paige Hareb
Philippa Anderson
Holly Williams
Zahli Kelly
Bronte Macaulay

アフリカ

Adin Masencamp
Slade Prestwich
Eli Beukes
Max Elkington
Joshe Faulkner
Zoe Steyn
Sarah Scott
Natasha Van Greunen

北アメリカ

Michael Dunphy
Kei Kobayashi
Evan Geiselman
Nolan Rapoza
Cole Houshmand
Levi Slawson
Kade Matson
Alan Cleland
Cam Richards
Jett Schilling
Alyssa Spencer
Caity Simmers
Chelsea Tuach
Sawyer Lindblad
Leilani McGonagle
Zoe Benedetto
Kirra Pinkerton
Havanna Cabrero

南アメリカ

Michael Rodrigues
Alex Ribeiro
Willian Cardoso
Eduardo Motta
Wesley Leite
Marco Fernandez
Raoni Monteiro
Santiago Muniz
Robson Santos
Matheus Navarro
Sophia Medina
Daniella Rosas
Laura Raupp
Arena Rodriguez Vargas

ハワイ

Ian Gentil
Kainehe Hunt
Brodi Sale
Eli Hanneman
Maikai Burdine
Koa Smith
Josh Moniz
Moana Jones Wong
Brianna Cope
Zoe McDougall
Keala Kennelly
Keala Tomoda-Bannert
Coco Ho

アジア

Rio Waida
Ketut Agus
Keanu Kamiyama
Hiroto Ohhara
Taichi Wakita
Reo Inaba
Kailani Johnson
Minami Nonaka
Amuro Tsuzuki
Rina Matsunaga
Sara Wakita
Mahina Maeda

ヨーロッパ

Maxime Huscenot
Gatien Delahaye
Ramzi Boukhiam
Adur Amatriain
Jorgann Couzinet
Gaspard Larsonneur
Tristan Guilbaud
Timothee Bisso
Justin Becret
Vasco Ribeiro
Teresa Bonvalot
Mafalda Lopes
Francisca Veselko
Nadia Erostarbe
Pauline Ado
Garazi Sanchez-Ortun
Vahine Fierro

CSイベント

今季のCSイベントは8戦設けられていて、昨シーズンはコロナ禍という事で4イベントのみの開催だったので、今季がフル開催の初年度と言えます。

CSイベントスケジュールは以下の通り。

Boost Mobile Gold Coast Pro presented by Rip Curl: May 7 -15, 2022

Sydney Surf Pro presented by Rip Curl: May 17 - 24, 2022

Ballito Pro presented by O'Neill: July 3 - 10, 2022

VANS US Open of Surfing: July 30 - August 7, 2022

EDP Vissla Pro Ericeira: October 1 - 9, 2022

Quiksilver / ROXY Pro France: October 12 - 23, 2022

Corona Saquarema Pro presented by Banco do Brasil: November 1 - 8, 2022

Haleiwa Challenger: November 26 - December 7, 2022

CSイベント初戦は、2019年シーズンまではCTイベント初戦会場のスナッパーロックス(ゴールドコースト)と非常に豪華です。

ちなみに、最終的なCSランキングは8イベントある中でトップ5イベント結果の合計ポイントで決定となります。

まとめ

5月7日からCSイベント初戦はウェイティングピリオドに突入ということで、いよいよ2022年CSがスタートとなります。

CTサーファーも数々出場するので、CT同様、CSイベントもチェックして見て下さい。

-----

公式サイト「WSL

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事