新型コロナの影響でグランドオープンから数か月で休業となったものの、6月19日に待望の再オープンとなったアーバンサーフ(URBNSURF)。

メルボルン(オーストラリア)空港からすぐ近くに位置するウェイブガーデン社の造波装置を使用したウェイブプールです。

そのアーバンサーフが、休業中であった6月初旬にリップカールとパートナーシップを結んだと発表しました。

今回の記事は、リップカールとアーバンサーフの提携、そしてリップカールチームによるアーバンサーフでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


今回のニュースですが、アーバンサーフがオフィシャルウエットスーツパートナーとしてリップカールと提携したというもの。

具体的にどのような内容なのかと言うと、アーバンサーフはウェイブプールということで、レンタル用品としてウエットスーツのラインナップがリップカールとなります。

また、アーバンサーフにはサーフショップもあるので、リップカールのウエットスーツを購入することも可能。

ウエットスーツやボードショーツに加え、ライディング距離やライディングスピードなどを測定可能なリップカールのサーフGPS2と言うサーフウォッチも用意しているそうです。

アーバンサーフはメルボルン、リップカール本社はトーキー(ベルズビーチ近くの町)といずれもホームがオーストラリアのビクトリア州なのでコンビネーションとしてはバッチリですね。

ちなみに、オーストラリアを代表する3大サーフブランドは、クイックシルバー、ビラボン、リップカールの3社。

この中でクイックシルバーも設立はリップカールと同じトーキーでした。ビラボンはゴールドコーストです。

ただ、クイックシルバーは現在、ボードライダーズへと社名変更してクイックシルバーはボードライダーズの一ブランドとなり、現在の本拠地はカリフォルニアのハンティントンビーチ。

そして、クイックシルバーにとってライバル企業であったビラボンは、ボードライダーズが買収したので同じ傘下になっています。

サーフ業界においてライバル企業が同じ傘下になるというのは、アメリカのサーファー誌とサーフィンマガジン誌を思い出してしまいます。

話は脱線しましたが、動画はタイラー・ライトなどを含むリップカールライダーによるアーバンサーフでのセッションとなっています。

-----

アーバンサーフの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事