7月最初の週末にビッグスウェルがヒットしたアジアが誇るサーフカントリーのインドネシア。

インドネシア各地でザ・デイとなり、その中でも今回注目すべきエリアはメンタワイ諸島のカンドゥイ。

なぜなら、11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター「Kelly Slater」(50歳)もカンドゥイに駆け付けたのですから。

今回の動画は、ケリー・スレーターによるカンドゥイでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


ビッグサイズのインドネシアと言えば、プロサーファーが狙うブレイクの一つとして挙げられるカンドゥイ。

プロサーファーが狙うと言う事は、ビッグサイズになってもクローズアウトしにくくホールドするのが最大の理由だと思います。

そんなカンドゥイを訪れたのがケリーで、まだインドネシアに滞在しているということは、おそらくJベイでのCTイベントまでインドネシアにいるのでしょう。

ちなみに、動画が撮影されたのは7月3日の日曜と言う事で、まずはこちらの動画からチェックして下さい(ケリーに続くライディングは、元CTサーファーのアリッツ・アランブル)。

7月3日のカンドゥイの波情報は、MSWによると午前が6~10フィート、午後が6~9フィートとなっています。

アングル違いの動画もすでに公開されているので、こちらの動画もチェックして見て下さい。

ちなみに、私は現在ロンボク島のグルプックというエリアに滞在していて、こちらの日曜日の波予報はカンドゥイと概ね同じでした。

でしたが、実際には頭サイズもないくらいで、カンドゥイとは天と地ほどの差がありましたが…。

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事