今シーズンはCT(チャンピオンシップツアー)第2~6戦まで欠場したキャロリン・マークス「Caroline Marks」(20歳)。

ただし、史上最年少でのCT入りやタイトルレースを争ったりと、すでに欠かすことのできないトップCTサーファーの一人ということで、メンズのガブリエル・メディナ同様、シーズンワイルドカードを得たウイメンズです。

今回の動画は、キャロリン・マークスによる主にインドネシアで撮影されたフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


キャロリンのSNSをチェックしている方なら、おそらくGランドイベントでツアー復帰すると思っていたでしょう。

と言うのも、キャロリンはGランドイベント前からインドネシア入りしていましたし、WSLによるコーラルリーフを再生するプロジェクトなどにも参加していました。

そのため、Gランドイベントを欠場したのは逆に不自然でしたが、イベント期間に訪れていたのはサーファーのディズニーランドとも呼ばれるメンタワイ諸島だったそうです。

メンタワイではレッドブルによるボートトリップに参加ということで、アドリアーノ・デ・スーザやエリン・ブルックスと一緒のトリップですね。

メンタワイではマカロニやHTなどでサーフしていたとの事で、マカロニはレフトでありキャロリンにとってはフロントサイド。

コンテストでのキャロリンはグーフィーフッターと言う事でバックサイドが多いので、フロントサイドは新鮮とも言えます。

メンタワイ以外では、少しではあるのですが南カリフォルニアとBSRサーフリゾートのシーンも収録されています。

キャロリン・マークスの昨年までの過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事