今年2022年にツアールーキーとしてCT(チャンピオンシップツアー)に参戦したブラジルのチャンビーニョこと、ジョアン・チアンカ「Joao Chianca」(22歳)。

兄はビッグウェイブシーンで有名なチャンボこと、ルーカス・チアンカです。

そんなチアンカ兄弟が一緒にタヒチのチョープーへとサーフトリップすることに。

今回の動画は、ジョアン・チアンカをフィーチャーしたチョープーでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


今年のツアーの中で、目覚ましい活躍を見せたもののミッドシーズンカットに引っ掛かってツアー脱落となったジョアン。

実力がどうこうと言うよりも、とても運が悪かった結果と言えます。

パイプラインとベルズビーチはいずれもジョンジョン・フローレンスを相手に敗退したものの、同ラウンドではトップスコア対決となり、相手がジョンジョンでなければ勝ち上がっていたでしょうし。

ヒート表の組み合わせはシード順位によって決まり、ジョアンはツアールーキーと言う事でシード順位は低いので最初からトップシードと対戦する事になります。

なのですが、同じトップシードであっても対戦相手がジョンジョンでなければと考えると、運による要素が大きかったと思わざるを得ません。

それだけパフォーマンスとしては素晴らしく、だからこそすでにツアー落ちしていたブラジルCTイベントにはワイルドカード出場の声が掛かったほどですし。

そんなジョアンのパフォーマンスで楽しみであった会場の一つが、CTレギュラーシーズンの最終戦であったタヒチのチョープー。

チョープーと同じレフトバレルのパイプラインではすでに強さをアピールして、2020年のボルコムパイププロでは準優勝しています。

また、今年のパイプCTイベントではジョンジョンとハイレベルなバトルを繰り広げ、シングルスコアで9.87ポイントをマークしているほどなので。

今年のタヒチプロでは幻となったジョアンによるチョープーでのライディングをチェックして見て下さい。

ジョアン・チアンカの過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事