4~10月の乾季が最もコンスタントにスウェルが発生することから、サーフシーズンとなるインドネシア。

そのインドネシアの中でサーフィンとナイトライフを兼ね備えていることから一番人気となっているのがバリ島で、サーフシーズン中のバリ島で最もサーファーが足繁く通うのがウルワツでしょう。

今回の動画は、レイトシーズンとなっているバリ島ウルワツで今季のワーストコンディションでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


バリ島のサーフシーズンとなる乾季の季節風の向きは南東なので、オフショアとなるエリアは西向き沿岸。

ウルワツはバリ島南部に位置するブキット半島西部にあるので、乾季がベストシーズンとなるわけです。

なのですが、現在はすでにレイトシーズンに入っていて、風向きは安定していないとか。

概要欄に記されたコメントは以下となります。

10月半ばにして雨季のコンディションとなり、風向きとスウェルはウルワツにとっての理想とはかけ離れることに。

今回の動画のセッションは、今シーズンに我々が見てきたウルワツの中でも最悪。

とは言うものの、それでも波はあるのだから、期待値を下げれば数本のファンウェイブを掴むことは十分に可能。

実際に動画を見ると、波によっては複数回のターンを入れられたりと基本的にレベルが違います。

ビーチブレイクが多い日本では、地形が悪くなればほぼクローズアウトになることも珍しくなく、1ターン入れられるかどうかとなることもありますし。

やはりバリ島はサーファーパラダイスではないでしょうか。

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事