• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

ようやく27日に開催された「リップカール・カップ・パダンパダン」のトライアルイベント。波予報では、一週間ほど前に8~10フィートのスウェルが入るとの事でスタート予定でしたが、予報通りにスウェルが入らず、一週間延びてのスタートとなりました。

しかし、6フィートプラスというトライアルイベントとは思えないコンディションでの開催。同イベントの内容については、下記リンク先を参照して見て下さい。

ビッグウェイブイベント「リップカール・カップ・パダンパダン」とは!?

このトライアルでは、二名のインドネシア人サーファーにワイルドカードの枠が与えられるのですが、細かいルールがあります。それは、ワールドカード枠には、一人のブキット半島(ウルワツやパダンパダンの位置するバリ島南に突き出た半島)ローカルを含むというもの。

ファイナリストの四人は、ラトゥ・スアルギタとムストファ・ジャクソンの二人がクタ出身、コキ・ヘンドラワンとココ・ミツアの二人がブキット半島出身という組み合わせ。ファイナルは、終始クタ出身の二人がリードし、9ポイント台を二本揃えたラトゥが優勝を果たし、去年同様にワイルドカードを獲得しました。

ブキット半島ローカル枠の争いは、ココが早い段階でワイプアウトからインサイドのドライリーフに打ち上げられ、大怪我には至りませんでしたが、そのまま棄権となり、コキがワイルドカード獲得に至りました。


スポンサーリンク


 

サーフィン・ア・ゴーゴー・バリ&ロンボク
月刊サーフィンライフ
マリン企画
売り上げランキング: 292,517
コンテストの関連記事
  • ツアールーキーとなるイーサン・ユーイングの2016年コンテストのハイライト動画
  • 2016/2017年BWTイベント「プエルト・エスコンディード・チャレンジ」:ラウンド1
  • 2015年度トリプルクラウン第一戦「ハワイアン・プロ」:初日ハイライト
  • 2016年WCT初戦「クイックシルバー&ロキシー・プロ・ゴールドコースト」:三日目ハイライト
  • 開催予定日が11/11に変更!2016/2017シーズンBWTイベント「ピアヒ・チャレンジ」
  • タイラー・ライト復活!?ウイメンズCT第9戦「ロキシープロフランス」初日

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事