Modomのライダーとなったタジ・バロウのフリーサーフ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

オーストラリアのサーフブランドにおいて聖地とも言えるVIC州トーキー。リップカール・プロ・ベルズの開催地でお馴染み、ベルズビーチの近くです。そんな場所に本社を構えるのが、デッキパッド、リーシュコード、ボードバッグといったサーフアクセサリーに加え、アパレルも扱うサーフブランド「Modom」。

今回の動画は、タイトル通りにModomのライダーとなったタジを歓迎するという意味で、Modomがネット上にアップしたタジのフリーサーフ映像となります。

36歳になった今も、明らかに進化を続けるタジは、ワールドツアーでもトップランキングの常連です。ワールドチャンプにこそなっていませんが、ランク2位は二度も経験しています。

今シーズンは、ツアーイベント6戦目のJベイ・オープン前の段階のランキングで4位。十分、タイトルレースに絡める位置にいるので、念願のワールドタイトル獲得を祈るファンも多いのではないでしょうか。

映像の方は、初っぱな0:17~から勢いのあるテールハイなエアリバースと、凄まじいです。最先端マニューバに関しても、全く若手に引けを取っていないからこそ、トップに残っていられるのが分かりますね。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)