2014年シーズンは初のツアー入りを果たしたものの、17名のウイメンズツアーサーファーの中で15位という結果となり、ワールドツアーの厳しい洗礼を受けたアレッサ・クイゾン(21歳)。

ワールドツアーでトップ10に入れなかったものの、WQSの結果で2015年シーズンのツアー残留を確保しました。今回の動画は、そのアリッサが中米でフリーサーフする映像となります。

中米のどこなのかは明かされていませんが、トップアクションの練習に最適なスーパーファンなマシンブレイクでのサーフ。ワールドツアーでは振るわなかったものの、フリーサーフになると、とてもキレイなレールワークを見せています。

アレッサほどのレベルのサーファーだと、WQSを勝ち上がるのは簡単ですが、ワールドツアーになるとまたレベルが変わるということなのかもしれませんね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事