スネーキングされたサーファーの取った行動とは

シェア(記事を気に入ればお願いします)

気持良くサーフィンを楽しむため、海には審判などいないのものの、いくつかのルールがあります。最も有名なのが、日本語では前乗りと言われるドロップイン(drop-in)。

波に乗る優先権は、ピーク(波がブレイクしている、もしくはこれからブレイクするセクション)に一番近いサーファーにあるのですが、そのサーファーを無視して同時に波に乗ることがドロップインです。

ドロップインに絡むものとして、スネーキング(ヘビという意味の英語snake)というルールがあります。スネーキングについては諸説あり、解釈が異なる場合がかなりあるので、私が調べた中で多かった解釈をまとめています。

スネーキングには2つの意味があり、一つ目は、優先権のあるサーファーが、インサイドにいるサーファーが邪魔で波に乗れないこと(優先権争いで、先にピークの近くにいるサーファーのインサイド側を、パドルで横切ろうとして発生した事例を指すことが多いようです)。

もう一つは、ドロップインと非常に似ているのですが、違いは同時にテイクオフするのではなく、すでにサーファーが乗っている波に、インサイドやミドルセクションでドロップインしてしまう事です。

今回の動画は、スネーキングされたサーファーが、スネーク(スネーキングしているサーファー)を上手く対処している映像となります。スネーキングしてしまったサーファーは、どうやらビギナーのようでオロオロしているので、リーシュコードを引っ張るのはお見事ですね。

ただ、あんな近距離でトップターンをするのはどうかと思いますが・・・。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)