ガソリンの代替燃料として使われる地球に優しいバイオガス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

サーフグッズに次いで、サーファーにとって欠かせないものといえる車。波チェックで移動の足となることはもちろんのこと、車中泊するならば宿へと早変わり。

今回の動画は、車に関する映像となります。しかし、車自体ではなく、フォーカスしているのは燃料。一般的な車の燃料と言えばガソリンですが、いずれは枯渇する可能性があります。そうなった時に強いのが、バイオガスなのかもしれません。

映像の舞台となっているのは、スウェーデンのゴットランド島。スウェーデン最大の島であり、地図上ではスウェーデン南部に位置するバルト海に浮かぶ島です。主役は、ゴットランド島出身サーファーのダニエル・ヘイルボーン。

ダニエルが乗るのは、15年前からの相棒となっている旧型のボルボ。走行距離は5万マイル(約8万キロ)ほどで、その内の3千マイル(約5千キロ弱)ほどはバイオガスで走行したとのこと。バイオガスの利点は、通常のガソリンと比べ、二酸化炭素排出量が95%近く削減できる点だと言います。

ゴットランド島におけるバイオガスは、地元で廃棄された食料や汚泥が腐敗や発酵することで生まれます。つまり、日常生活から必ず排出されるのを使うので、枯渇の心配は無用ということです。しかも、昔であれば無駄になるだけであったものなので、これ以上ない有用なアップサイクルです。

自然を相手に遊ばせてもらっているサーファー。そのため、バイオガスといった何気ないことで、少しでも地球に優しくなれたら、とてもクールだと思えます。


スポンサーリンク


A29 地球の歩き方 北欧 2014~2015 (ガイドブック)
地球の歩き方編集室 編
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 8,298

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)