blank

Image: Alaia Bay

着実に世界中で増えているウェイブガーデン社の造波装置を使用したウェイブプール。

現在までのところ、すでに商業施設としてオープンしているのはイギリスのサーフスノードニアとザ・ウェイブ、オーストラリアのアーバンサーフメルボルン、韓国のウェイブパークの計4つ。

その4つに加え、今度はスイスでのウェイブプール建設が完了したとの発表が行われました。

今回の記事は、ヨーロッパ本土初となるスイスのシオンに位置するウェイブプール「ALAIA BAY(アライアベイ)」に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


すでにイギリスにウェイブガーデン社の造波装置を使ったウェイブプールが2つあるので意外ですが、ヨーロッパ本土では初となるアライアベイ。

すでにラグーンは完成していて、来月12月に8,500平方メートルの注水をスタートする予定とのこと。

造波装置のテスト稼働を開始するのが年明けの2021年1月となり、一般客を受け入れるものの4~6月にプレオープンと言う形でスタートになると言います。

具体的な場所は以下となります。

波のタイプは5種類に分かれていて以下の通り。

*「Beginner Lessons」- 完全なる初心者用の波としてポジショニングやパドリングの練習コースで、波のサイズは0.8~1メートル。

*「Evolutions」- テイクオフや正しいポジションでの波のキャッチ方法を学ぶコースで、波のサイズは1メートル。

*「Intermediates」- 波のフェイスをクルーズしたりターンの練習をするコースで、波のサイズは1~1.5メートル。

*「Advanced」- バレルもありのボトムターンやエアリアルに最適なダイナミックなセクションを含むコースで、波のサイズは1.5~2メートル。

*「Experts」- バレルセクションありでブレイクが早いパワフルなエキスパート向けのコースで、波のサイズは1.9メートル。

現時点においてはプレオープン期間の利用料金だけ発表されていて、55分間の1セッションのみの利用だと98フラン(約1.1万円)。

5セッションや20セッションとまとめて購入となれば割引が利きます。

ですが、1セッションの料金だけだと、ブリストルメルボルン韓国と同じ造波装置を使ったウェイブプールのおよそ2倍の料金とインパクトが強め。

理由としては、スイスが平均年収が世界トップレベルの国であり、OECDによる2019年度のデータを確認すると、スイスと日本の平均年収と世界ランクは以下の通り。

スイス - 66,567米ドル(世界3位)

日本 - 38,617米ドル(世界24位)

興味深い点として、世界8位のオーストラリアも利用料金を抑えているということは、オーストラリアは国外のサーファーもターゲットにしていて、スイスは国内のお客さんのみを狙っているという印象を受けます。

もう1点、興味深い点としてサーフィンよりも雪山スポーツの方が盛んであるにもかかわらず、ウェイブプールは通年オープンかつナイター利用も可能と言う力の入れようです。

ザ・コーヴ搭載ウェイブプールはすでに前例がいくつかあるので、ここまで来ればスムーズに進んでいくと見られるアライアベイ。

海がない国での建設完了は初となるので、どれほど流行るのか、そしてウェイブプールの命題の一つであるどれほどサーファーを誕生させることになるのか注目です。

-----

公式サイト「ALAIA BAY

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事