• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

ゴールドコーストで開催されたクイックシルバー&ロキシー・プロの期間中、誰もが願っていたサイクロンスウェルの到来。しかし、願いも虚しく、ゴールドコーストは炸裂するには至りませんでした。それでは、狙っていたサイクロンスウェルのその後はどうなったのか?

今回狙っていたサイクロンは、バヌアツ共和国に甚大な被害をもたらしたサイクロン「パム(Pam)」。勢力は、最大レベルのカテゴリー5にまで発達しました。ちなみに、1970年から始まった衛星記録において、オーストラリアの東沖合の海域で、カテゴリー5まで発達したサイクロンはわずか10個しかなく、その内の一つです。

パムの勢力がピークに達したのは、奇しくも、上記コンテストの最終日となった3月13日のこと。ただし、ゴールドコーストへのスウェル到来は、かなりの距離を隔てているため、通常2~3日遅れとなるそう。そして、ゴールドコーストでスウェルが最も炸裂したのは16~17日だったと言います。

今回の動画は、スウェルがピークに達する前の14~15日に撮影されたゴールドコーストでのサーフ映像となります。スナッパーロックスといったライトのポイントブレイクの映像もありますが、メインとなっているのは、スナッパーの隣に位置するビーチブレイクのDバー(デュランバー)。

スウェルの向きにより、最もコンディションが良くなったのは、Dバーのレフトとのこと。3:16~からのレフトを見ると、強烈な巻き方をした波がブレイクしていたことも分かりますね。

出演サーファーは、ジョーディ・スミス、ジョシュ・カー、ジャック・フリーストーンなどとなっています。


スポンサーリンク


 

改訂新版 気象予報士かんたん合格テキスト<学科専門知識編>
技術評論社 (2014-08-14)
売り上げランキング: 32,964
フリーサーフの関連記事
  • ボードに合わせたスタイルを見せる変幻自在なジェシー・ガグリルマナのフリーサーフ動画
  • ヘビーウォーターのPパスでチャージ:ステファニー・ギルモア
  • コスタリカ&メキシコでのフリーサーフ:コリー・ロペス
  • 急激にホレ上がるウェッジな波でのフリーサーフ:カイ・オットン
  • ディオン&クレイグ&クリードの人気オージーフリーサーファーによるセッション
  • メイソン・ホーによる初めてのGoPro撮影映像

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事