若手CT(チャンピオンシップツアー)サーファーの中でレールゲームではトップレベルのコナー・コフィン「Conner Coffin」(26歳)。

世代的にはエアゲームをレパートリーに入れているサーファーが多い中、フェイス上でのマニューバをコアとしたサーファーです。

今回の動画は、コナー・コフィンによる昨年2019年のバリ島(インドネシア)クラマスでのCTイベント期間におけるフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


「Queen of the Coast」とも呼ばれるカリフォルニアのクラシカルスポット「リンコン」をホームブレイクとするコナー。

ライトポイントのリンコンはオープンフェイスのロングウォールが特徴のブレイクとあり、その波質にあったカーヴィングを得意とします。

コナー本人もリンコンに合わせたサーフィンをしていたらレールゲームが得意になったと言ってましたが、意外にも弟のパーカー・コフィンはレールよりもエアゲームを得意とするので分からないものですね。

そんなコナーによるワールドクラスのハイパフォーマンススポットとして知られるバリ島クラマスでのフリーサーフィン。

クラマスイベントと言えば、過去にジョンジョン・フローレンスが特大アーリーウープをメイクして話題になった通り、エアー、バレル、ターンの全てのマニューバが可能な波。

ですが、コナーはエアー以外のマニューバのみとなるのですが、波をえぐるカーヴィングが強烈過ぎてインパクトが強いです。

エアーが当たり前の時代になったものの、ワールドツアーに長期在籍するサーファーの多くはレールゲームを得意とし、今なおレールがサーフィンにおいて重要であることがコナーという存在を通して分かりますね。

最後に、CTサーファーの中には選手代表が男女共にいて、WSLとしてはCT選手代表は長年に渡ってツアーに在籍してもらえるサーファーの方がやりやすいでしょう。

そんな意図があって選ばれていると思われる選手代表は、メンズは昨年までエースこと、エイドリアン・バッカンで長きに渡って選手代表を務めていました。

しかし、今年2020年には変更となって、新たに任命されたのがコナー。ドンピシャな人選と言えるのではないでしょうか。

コナー・コフィンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事