炸裂したマーガレットリバーでルーカライダーのフリーサーフ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

すでに随分前の出来事であったかのように感じられる2015年度ワールドツアー第三戦のマーギーズプロ。オーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州マーガレットリバーを舞台にしたコンテストで、ヒュージサイズのスウェルに恵まれましたね。

今回の動画は、そんなマーガレットリバーを舞台に、ルーカのライダーがフリーサーフする映像となります。登場するサーファーは、WCTルーキーのリカルド・クリスティ、フリーサーファーのジェイ・デイヴィスとディノ・エイドリアン。


スポンサーリンク


ワールドツアーにおいてルーキーサーファーのリカルドは、ツアーの初戦と第二戦では1コケの25位となり、ワールドツアーの洗礼を受けていましたが、ブラジルでの第四戦では5位の結果を残し、徐々に調子を上げています。

ジェイは、マーギーズプロにワイルドカード出場し、大きなインパクトを残しましたね。クオーターファイナルまで勝ち進む過程において、ガブリエル・メディナ、ミック・ファニング、ジェレミー・フローレスといったビッグネームから勝利をもぎ取りましたので。

映像の中で注目なのは、何と言っても大炸裂する事となったノースポイント。0:39~などで登場していますのが、このスポットは半端じゃないです。ロングバレルのセクションがいくつもあったり、マニューバのセクションもあったりしますので。

来年のマーギーズプロでは、ノースポイントもバックアップ会場としてリスト入りする可能性があるとWSLが報じていたので、是非ともノースポイントでの開催を期待したいところです。

ノースポイントに関する過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

どっちが強烈?ノースポイントでのチューブライド対決

バックアップ会場候補となっていたノースポイントでのスーパーセッション:ケリーなど