• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

今年2015年9月末には選定される東京五輪での追加種目。サーフィンがオリンピック競技になるのかどうか、サーファーにとっては大きな焦点となっています。

8月7日には、IOC(国際オリンピック委員会)承認団体であるISA(国際サーフィン連盟)のフェルナンド・アギーレ会長を筆頭に、日本を代表するサーファーである大野修聖プロなどを交え、ヒアリングが行われました。

そのヒアリングの際、撮影された一枚の写真が興味深いので、一枚の写真から、サーフィンがオリンピック種目となった際、どのように開催されるのか考察してみました。


スポンサーリンク


tokyo 2020 ISA

上記写真の中央に位置するのは、ISAのアギーレ会長。アギーレ会長の右隣が大野プロで、さらに奥の右端に映る人物は、ウェイブガーデン社で事業開発を担当する取締役のフェルナンド・オドリオゾラ。

この時点でピンと来た人も多いのではないでしょうか。ウェイブガーデン社とは、人工的に波を発生させる装置「ウェイブガーデン(Wavegarden)」を開発した企業(社名と機械の名前が同名)。

8月1日には、イギリスのサーフ・スノードニア(Surf Snowdonia)が、ウェイブガーデンを使った世界初の一般開放ウェイブプールとしてオープンしています。

つまり、ヒアリングにウェイブガーデン社の取締役も登場したという事は、ウェイブガーデンを使用したウェイブプールでの開催をアピールしたと考えられますね。

となれば、サーフィンが五輪入りした暁には、都内または東京近郊にウェイブプールが建設される可能性が非常に高いと考えるのが自然ではないでしょうか。

さて、ウェイブガーデンを使用しているサーフ・スノードニアですが、オープンから3週間ほど経った8月19日、ウェイブガーデンの不具合により一時閉鎖という残念なニュースが流れましたが、29日から再オープンしたとのこと。

9月半ばには、スノードニアでレッドブルによるサーフコンテストも開催予定とあり、おそらくオリンピックを見据えた実験的なイベントと位置付けたものなのでしょう。

追加種目の選定まで間近に迫ってきました。サーファーとしては、ウェイブプールが建設されるなら、絶対に追加種目入りして欲しいところですね。

近い将来、ウェイブガーデンはナイトサーフィンも可能させるとあり、時間を問わず、サーフィンが可能な環境となるのですから。勝手に期待が膨らんでしまいます。

東京五輪に関する過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

2020年東京五輪の追加種目に選ばれるチャンスがサーフィンにはあるのか?

2020年東京五輪の追加種目の最終選考に進むサーフィン

東京五輪にアピール?UKウェイブプール「スノードニア」で9月にコンテスト開催を発表

ニュースの関連記事
  • ミック・ファニングがウォームアップセッション@Jベイ(南アフリカ)で足首負傷
  • ハワイのオアフ島ワイメアを舞台にした女性ビッグウェイブイベント「WWBC」が始動
  • アレックス・グレイがアメリカン航空と和解:飛行機でのサーフボードトラブル続編
  • 鼠径部負傷のフィリペ・トレドがオーストラリアンレグの残り二戦の欠場を発表
  • メルボルンに続いてシドニーでもウェイブプール!アーバンサーフが2018年オープン予定
  • Dバー(オーストラリア)で珍事!?イルカがサーファーにボディスラム

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事