シーズン入りしたハワイのオアフ島サンセット:メイソン・ホー

シェア(記事を気に入ればお願いします)

今年もついにシーズン入りしたハワイのオアフ島ノースショア。ハワイでのコンテストについては、今月10月終わりに開催されるHICプロを皮切りに、11月2日からトリプルクラウンがスタート。

今回の動画は、ノースショアローカルであるメイソン・ホー「Mason Ho」(27歳)が、ホームブレイクであるサンセットでフリーサーフする映像をお届けします。後半では、9月にメイソンが体験した初チョープーの映像も少し含まれています。


スポンサーリンク


荒々しいブレイクのサンセットで、メイソンが持ち出したボードの長さは7’1″。ツアーサーファーのハイパフォーマンスボードであっても、今では5フィート台が当たり前なので、かなりの長さです。

ただ、長いボードを使う点が、ハワイらしさでもありますね。テイクオフを含め、サンセットの波はかなり厚いので、長さがないと板が走らないのかもしれません。バレルのみのパイプラインになると、短めのボードを使うサーファーもいますが。

動画では、メイソンは軽く遊ぶようにサーフしていますが、かなりヘビーそうですね。しかも、このコンディションにして混んでいるし。一般サーファーには魅力的ではないかもしれません・・・。

後半1:49~からのチョープー(タヒチ)は、サンセットとは違った意味で強烈。テイクオフは完全に垂直ドロップになっています。ただ、あのポジションからでないと、板が走らない、もしくはバレルに入れないのでしょう。

昨年サンセットで開催されたトリプルクラウン第二戦の過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

2014年度トリプルクラウン第二戦バンズ・ワールド・カップ:初日ハイライト

2014年度トリプルクラウン第二戦バンズ・ワールド・カップ:二日目ハイライト

2014年度トリプルクラウン第二戦バンズ・ワールド・カップ:三日目ハイライト

2014年度トリプルクラウン第二戦バンズ・ワールド・カップ:最終日ハイライト

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)