ジャワ島&ロンボク島でスタイリッシュなツインフィンサーフ動画:トレン・マーティン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

トレン・マーティン

オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州バイロンベイ出身で、地元バイロンベイ発のブランド「Afends」のライダーを務めるトレン・マーティン「Torren Martyn」(25歳)。

デイヴ”ラスタ”ラストヴィッチやアッシャー・ペイシーといったオージーサーファー同様、ハイパフォーマンス向けのスラスター(3フィン)ではなく、オルタナティブ系ボードを好むスタイルマスターです。

今回の動画は、そのトレンがインドネシアのロンボク島デザートポイントやジャワ島へとトリップした際の映像をお届けします。


スポンサーリンク


ここ最近はツインフィンばかりに乗っているというトレン。デザートポイントで使用しているボードは、チャンネルボトム&ダイヤモンドテールの5’9″×19″3/8、ジャワ島で使用しているのはスワローテールの5’7″x19″1/4とのこと。

ボードをシェイプしたのは、地元バイロンベイのボードブランド「Morning of the Earth Surfboards」でシェイパーを務めるサイモン・ジョーンズ。ブランド名は、70年代初期にリリースされた有名なサーフクラシックムービーですね。

というわけで、サイモンがシェイプするボードは、70年台のレトロボードからインスピレーションを受けたシェイプとのこと。ただし、当時のボードデザインをコピーするだけではありません。

レトロフィッシュなどに乗ったことのある方なら分かると思いますが、レトロ系はボリュームがあるのでテイクオフが早い反面、レールが厚いので入れづらかったりとデメリットもあります。

そういった点を解消すべく、サイモンのボードはレトロの良い面だけを生かしながら、レールやボトムデザインはモダン風に仕上げたモダンレトロボードというわけです。

コンテストには興味のない一般サーファーなら、ツインフィンやクアッドのモダンレトロの方が、センターフィンがないぶんスピードが出るので、合っているような気がします。

動画に目を向けると、スタイルマスターだけありクールです。特に、バックサイドのバレル(チューブ)では、片足をノーズエリアまで伸ばし、横乗りではなく正面を向いた体勢など最高ですね!

トレンのメインスポンサーであるAfendsのアパレル商品は下記リンク先からチェックして下さい。かなりイケてるブランドです。

Afends商品ラインナップ

トレン・マーティンに関する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

北スマトラへサーフトリップ:ギャレット・パークス&トレン・マーティン

北スマトラに浮かぶサーファーの秘境:ニアス