サンタに扮したメイソン・ホーが乗るカーボンラップとは!?

シェア(記事を気に入ればお願いします)

メイソン・ホー

ハワイのオアフ島ノースショアをホームブレイクとするメイソン・ホー「Mason Ho」(27歳)。今年はリップカールライダーとなったことから、WCTのリップカールイベント二戦にワイルドカード出場。

また、WCTイベント最終戦パイプマスターズでは、トライアルイベントで3位となりワイルドカードを逃したものの、イベント開催前日に怪我をしたオーウェン・ライトに代わって出場すると、タイトルレースに絡むフィリペ・トレドを破り、最終的には3位という成績を残しました。

今回の動画は、そんなメイソン・ホーが地元ノースショアのサーフスポットでクリスマスイブにフリーサーフした映像をお届けします。クリスマスイブという事で、サンタの帽子を被ってますね(笑)。


スポンサーリンク



メイソンということで、いつも通りのドライリーフのサーフスポットで、まるでビーチブレイクかのようにサーフしているのが印象的な動画。すでに、見慣れてきている方が多いと思います。

個人的に気になるのはサーフボード。動画の終わりで「カーボンラップ、クリスマスプレゼントでカーボンラップをもらったんだよ」とのセリフを残しています。

カーボンラップ(Carbon Wrap)とは、オーストラリアのシェイパー/ダニエル・マクドナルド率いるサーフボードブランド「DMS(Daniel MacDonald Surfboards)」による特許取得済みのグラッシング技術のこと。

従来のストリンガーを使わず、ノーズからテールにかけて伸びるカーボンテープが肝となり、サーフボードの軽量化を図れるだけでなく、ドライブ性能とテールのフレックス性能が高まり、パフォーマンスが向上すると言います。

ちなみに、カーボンラップはDMS、そして、メイヘム率いるロストサーフボードでしか使用されていないデザインとのこと。つまりは、いずれかのブランドのボードでしか、カーボンラップに乗ることはできないそうです。

メイソン・ホーの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

クソ波でも楽しめるの!?ブラジルでのサーフ動画:メイソン・ホー

メイソン・ホーがチャージした昨年度パイプライン/バックドアのダイジェスト動画

初タヒチにしてチョープーでヒュージスウェルをスコア:メイソン・ホー

オアフ島サウスショアでのサーフ映像:メイソン・ホー

メイソン・ホーによる初めてのGoPro撮影映像

リップカールからのウェルカム動画:メイソン・ホー

コルク&カーボン素材ボードでフリーサーフ:メイソン・ホー

2014年12月に撮影されたメイソン・ホーのフリーサーフ映像

メイヘムのV2モデルに乗るメイソン・ホー

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)